同居という選択

2008年6月25日 (水)

親の看護

先週始め、家から電話があり父が救急車で運ばれた、との事。
半日休暇を選択し、早速家へ戻り母を連れて搬送先の病院へ。

幸い、老齢にはたまにある病気らしく初回だったので対処法が判らなかったため救急車を
呼んだのは正解だったと思うが、今後の対処法を教えていただき、治療も薬も無く返された。
まあ、なんとも無いので良いのだが、さすがに歳というものはこういうことかと感じた。
と共に、二世帯(というか近くに居住)の選択は正しかったと思う気持ちが強くなりました。

これで中途半端な距離に別居していたり職場を選んだりしていたらと思うと、仕事にも支障
が出そう。遠地は論外。

ただし、冷たいと言われるかもしれないけど、私はできることはできるだけ自分でして欲しいと思っている
ので特に普段何かを積極的にしようとは思っていません。
でもそれは甘えると何もしようとしなくなるのを防ぎたいためで、異常が無いかどうかは軽く質問
をしたりして、何かおかしいと思えばすべき事をしようと心がけています。
そのためにはいつも近くにいる事が最善だと信じています。
遠くにいて、会うときだけいかにも親の事を親身に考えているかのように優しくして、また仕事のため
に帰っていくのは違うように思うので私にはそれはできません。

我が社の制度ですが、子供の看病のためのみでなく親の看護でも年次とは別に休暇を取れる事と
なりました。2年ほど前からですが、私と数名が会社に意見を上げた事がきっかけです。
これは今後の高齢化に向けて非常に良い制度に形を変える事ができたと自負しています。

周りを見ていると、殆ど子供との生活を考える事に精一杯で今後圧し掛かる親の事まで考えていない
ように見えます。
会社の制度はなんとか会社の出費を抑えるように形を変えつつありますので子供は厚く親は薄くなって
いるのですが、判りにくい書き方な上、真剣に親の件を読む人が少ないので指摘をする人がいません。
子供を厚くするのは人数が少ないからで、カモフラージュ的要素が強いともとれます。
親は今後確実に扶養する人が増えると思われるためなるべく薄い精度としたい事は明らかです。
なんとか、変えていきたいと思っています。
自分のためにも周りのためにも。

| | コメント (44) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

ポジティブシンキング

親との同居。
嫌な人もいるでしょう。
積極的にそうしたいと思う人は、かなり親とベッタリな人だけじゃないでしょうか?

私も一緒に暮らしたい!と思っていたわけではありません。
状況が状況なのでそうせざるを得ない部分が大きいからです。
でも好きなようにできないから嫌だとは思いません。
思い通りではないけれど、嫌ではないということです(^^;

どういうことかと言いますと、親と住むとなった以上は親と住む事のメリットのみを考えるようにしたということです。
あるいは、そう思えるような二世帯住宅作りをしようと思想の転換をしたのです。
嫌々に住宅設計の打ち合わせをしても良い環境ができるわけがありません。
単世帯での暮らしも思い描いていたとしても、同居の可能性が強まってきたあたりから切り替えて、どうせ二世帯住宅に暮らすなら良い家を建ててやろう!と思いました。
妻にとっても親にとっても良い環境になるように、個別にも皆を集めても、お互い見えないところでもわざと見えるようにでも色々と私が使い分けて話を聞く事で本音とリラックスした雰囲気で考える場を提供できたと思っています。

このおかげか、一緒に住み始めてからのトラブルはひとつもありません!!(自慢です)

OPENに話し合うばかりが能じゃなく、かといって個々に話を聞いて調整するだけでもだめで、個々の本音とどこまでなら譲歩できるか我慢できるのか、をきっちりと見極める必要があると思うのです。
それが子世帯の実子(大抵は旦那。マスオさん状態であれば奥さん)の役目だと思います。

そこをいい加減にしたり、嫌々ながらに諦め半分で考えていると後々に必ず問題となります。

よーく考えてみてください。
子を見ててもらえたり、相談できたり、干渉はあるもののメリットもいろいろありますよ(^^)
親が健在のうちに親孝行をしておきましょう!

[ 私のHome Pageもよろしくです ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

干渉をしない、されない生活を

建築に対するノウハウや考え方はこれまでも今後も載せていこうと思いますが、今日は住んでみないと実感できない二世帯住宅の問題(というほどでもないけど気になること)を書こうと思います。

親世帯と子世帯だけの関係は色々と住む前から想像して対策すると思います。
が、意外と気になるのが来訪者があった時です。

自分のお客さんが来た時に親とバッタリ出くわしたり、迎えた途端に声が聞こえたりと生活観と他者が家にいるということを実感させてしまう事があるのです。

最初にそのような事があると、なかなか呼び辛くなる間柄の友人もいると思います。
親も知ってるような幼友達であれば問題ないのですが、配偶者の友人は親の事は知らないでしょうからどうしても気になります。
とはいっても黙っててと言うわけにもいきませんしね(^^;

そのようなことがあると、親に客が来た時に気遣う事になります。
静かにしないといけないとか、用事で顔を出してはいけないとか。

さて、なるべくそのような思いをしなくて住むように、思いつく事を提案しておきます。

まず、世帯間の仕切りをきちんと設置しておきましょう。
完全分離型二世帯であれば考える事はありませんが、そうで無い場合には戸を一つ隔てるだけでも効果があります。
私のオススメは戸を1枚ではなく、共用スペースを戸2枚で挟んで防音効果を更に高める方法です。

次に来訪者が来た事を気付かせない(気にならない)ように、駐車場を世帯間で見えない位置に配置する事です。これは玄関位置も関係します。
お客さんが車などで家に訪れた際に、別世帯のリビングの窓から見えてしまってはお互いにバツが悪い場合もあるでしょうし、どんな人が来てたか等を詮索されたくないという心情もあるでしょうから、その対策にもなります。

逆に別世帯のお客さんを知っていた場合に、顔を出すべきか出さざるべきか悩むような間柄だった場合にも、見えなければ気付かない(フリが可能)ので気にする必要が薄らぎます。

永く一緒に住むためには不要な干渉をしない、されないことが大切だと思います。
参考に考えてみて下さい(^^)

[ 私のHome Pageもよろしくです ]

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月29日 (日)

地域行事には積極的に

二世帯で暮らすといっても色々な経緯があると思います。

ずっと一緒に暮らしてたところに配偶者である妻や夫が転がり込んでくる場合、親元を離れて暮らしていたが何かのきっかけで親の家に移り住む場合、改装や建替えでその土地に住み続ける事もあれば、ついでに新たな土地に移る事もあるでしょう。

移り住む場合を除き、普通は親に主導権がありそこにパラサイト(書き方悪くてスミマセン・・)な感じになるような気がします。
名義上や実際の責任についても全てにおいて。

当然の事ながら地域の行事や参加も親が主体でそのまま進むかもしれませんが、もしその様な場合には是非子世帯に責任の移譲をしていただきたい(親世帯から引き取る)と思うのです。
誰も何もせず勝手に世の中が動いているのでは無い、ということを知るべきですし、近所の人の顔や性質を知る場でもあります。
子供のためにも社交性も磨く必要があるでしょう。

親がずっとやっていては、モラルや我慢を知らずに歳をとってしまう可能性があります。
同居する=親は隠居して趣味にシフトする、と考えて良いと思うのです。

孫の世話も趣味程度で良いでしょう。
親(子世帯の事)が楽するためのものではありません(^^)
実際には助かる事が多いのですが、それを期待して甘えるというのは違うと思います。
保育園の送迎、飲み会や食事会の度に預かる必要はないですよ。
自分の都合で、本当に空いていれば受ければ良いだけの話しで、無理しちゃいけません。

といっても、いつもそう言えないでしょうから、せめて地域の集まりや責任を子世帯に任せれば良いと思うのです。ギブアンドテイクですし、単世帯であれば当然しなければならない事を、二世帯住宅の子世帯にもさせるべきですから。

(でも、最近の若い世帯は地域の集まりに参加しなかったり町内会のようなものに入っていても煩わしいと抜ける人が多くなってきています。自分の用事以外に予定を入れられるのに耐えられないのは問題と思います)

<参考までに書籍紹介: 市民社会と近隣自治―小さな自治から大きな未来へ>
   (記事とは無関係です(^^; )

[ 私のHome Pageもよろしくです ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

表札に悩む事アリ

親と住む場合にも2種類あると思います。

それは、苗字が同じ場合と違う場合。
同じ場合は、夫の親と一緒に住む場合か、婿養子に入って妻の親と住む場合です。
違う場合はその他(マスオさん状態)ですね(^^)

さて、苗字が違う時には問題にならない事が浮上してくるのが同じ苗字の場合です。

それは・・表札の書き方とポストの個数です。
玄関が並んで配置されている場合は共通で一つを使えば良いのですが、並んでいても分けたい場合や玄関が全く違う場所にある場合に問題が起こります。

最近では個人情報の流出が問題になっているように、フルネームや家族構成を知らせるような表札の書き方をしない家が増えています。
なので、苗字が同じならデザインしか変える事ができません。

郵便屋さんや新聞配達の人がどっちに入れれば良いかを迷うようです。
どちらに入れて欲しいかを伝えておけば、その後は指定した方へ入れる事になりますが、担当が変わるとまたやり直しです。
年賀状等はバイトなので間違いが多くあります。

しかし、人によってこちらとかあちらとかは言えないはずです。
新聞は南玄関で、郵便は西玄関、とかになります。

私の家でもこれで話し合い、基本的に親のポストに入れてもらうことを決めました。
朝は私が外を歩いて親のポストまで新聞を取りに行っています。
もしも旅行や寝坊で私が新聞を取っていないときには親が取りやすいように、との配慮なのです。

どうでもいいような内容かもしれませんが、意外と影響があります。
例えばピザを注文したとします。
どちらの方角の玄関かを伝えないと、どっちに来るかわかりません。
呼び鈴が鳴る方に人がいないとすると、大変です。
どちらの呼び鈴も鳴るようになっていれば良いのですが、世帯毎にセパレートにする場合も少なくないようです。

これから建てる人はシミュレートしてみると良いでしょう(^^)

[ 私のHome Pageもよろしくです ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

一緒に食事

同居とはいえ、常々顔を合わせているわけではありません。
私の家は扉一枚を隔ててほぼ完全分離の二世帯住宅ですが、私が残業して帰る事も多いため食事の時間も決まりませんし、何より若干面倒に思ってしまいます(仕事で疲れていますし)。

これを補うというわけでもありませんが、週末(土日)のどちらかの晩は一緒に食事する事にしています。
だいたいいつも親が食事の準備をしてくれていまして、お金くらいは出すよと言っても基本的に受け取ってくれませんので、たまに私達が準備したりどこか連れて行ったりしています。

食事はそのようにしていますが、それ以外では子供が行きたいというので妻が親の所に連れて行ったりしますので、ある程度の会話は済んでしまっています。
毎週のことなので、食事中に話す話題もなくなる場合もありますが、その時に飼い猫や子供が何かしてくれるので助かってます。

親とはいえ、話題に困る事もありますよねぇ。
遠くで別居してれば、話題も蓄積して訪問するのでこのような事はないのでしょうね(^^;

[ 私のHome Pageもよろしくです ] ←ちょいと作ってみました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

干渉しないで、と言っても無理か

"the 一人っ子 Style"や"the 大企業 Style"でも書いたように、今日は急遽休みです。
午後から出社するかどうかは、気分と仕事の入り方で決めようかな(^^)

さて、二世帯住宅に住みながら休みを取るとどういう事になるか?

少なからず干渉されます。
「おっ、今日は休みか」とか「何かあるの?」とか。
ひどいと「また、どうした」ってな感じです。
なので、顔を出したくない時もありますし、音を立てないようにしていないフリをしたいときもあります。

特に今日のように休んでしまうと何を答えてよいやら。
そのまま言えばいいのですが、甘い会社だなとか気合が足りないとか思われるのもなんとなくシャクなのです。

いくら音をたてないようにしていても、通勤に使う車が停まっているためバレてるのですけどね(^^;
他の日は残業だったしりて、次の休日に顔を合わせたりすると「こないだのxx曜日は休みでもとったのか?」という事がよくあります。
悪気は何もないのでしょうが、ちょっとずつイラっとしたり。

体調悪いわけでなく本当に一人になりたければ実際にはどこかに出掛ける事になりますが、気が休まるという状態にはなりませんね。

まあ同居を選んだ以上、それは難しいとは判っているのですけどね。
自分のために休みを取る、というのはなかなかできずにいます。

大抵の年次は家族のため、子供のために使いますので、大きい意味では自分のためなのですが、たまには自分の好きな事を好きなだけ、、という日も欲しいですね。
(妻にもそういう日をもちろん同じだけ設定したいですよ)

今日は突発過ぎるし、呼び出しかかるかもしれないので動けません(^^;
おとなしく仕事をします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

親は親でも

最近、私の周りには奥さんの親と一緒かあるいは敷地内にもう一軒家を建てて住む人が増えています。

大抵の場合は長女で旦那さんが長男で無い、という夫婦なのですが、中には長男長女の夫婦もいます。
その場合にはやっぱりモメてましたね(^^;

旦那さんの親がかなり怒って、断絶状態になりかけたそうです。
そこまでして、何故奥さんの実家に行くのか私にはよくわかりません。
なぜなら、長女とはいえ、下に妹がいてまだ実家にいるからです。
他人の家庭の事なので、他所にはわからない事情もあるんだと思いますけどね。

それなのになぜそう思うかというと、苗字は旦那姓だからです。
最初は親と住むとかは何も考えてなかったのか、苗字まで変えるとさすがに夫の親と気まずいと思ったのか、ですかね。

以前の家のお隣さんも親と娘家族が一緒に住んでいました。
子供もかなり大きくなっていたのですが、いまだに"ママー"と親(おばあちゃんですね)を呼ぶ声がよく聞こえていました。
旦那さんは頻繁に庭や車の手入れをしているのが印象的でしたが、多くの場合妻の親と住むと親にベッタリになっているような気がします。傍から見て、、ですが。

完全二世帯を選択しているところは、知っている限り夫の親と同居している家庭だけです。

テレビでもやっていましたが、娘とその親は完全二世帯なんて味気なくて人間味が無いような事を言っていて、夫も本心からなのかどうかわかりませんが同じことを復唱していました(^^;

男の人とか女の人とか分けて考えてはいけない、、と思いつつも、なるべく親よりも自分の家族をメインにしようと思うのが男性で親もひっくるめて家族にしようというのが女性じゃないかと思っています。

夫は仕事に出る時間が多いんだから妻の実家に一緒に住んでても、妻が夫の親と一緒にいるのとは訳が違うという声が聞こえてきそうですが・・。

私の視点からいいますと、妻はもう少し旦那さんの気持ちに置き換えて考えて欲しいのと、旦那さんはもう少し言いたいこと言った方がいいんじゃないかな。

もし、妻の親とに住むと決めた時には奥さんには「もしも自分が旦那の親と住むとしたら、自分だったらどうしたいだろう」と考え、もし旦那の親と暮らすのであれば自分の立場だけ主張せず「旦那さんはどうしたいのだろう?親はどうだろう?」と考えて欲しいです。

偉そうに書いてすみません。。
が、どうも旦那さんが我慢している状況が多いような気がしてます。
時代でしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

同居のプチメリット

今日は我が家にF1000001_3 生後2ヶ月の子猫がやってきました!



以前からいた猫はこいつですF1000002_1



これまで長い間1匹飼いをしたことがなかったのですが、犬が亡くなったことでついに残り1匹になっていました。

私の親も犬の介護で疲れていたため当分このまま猫1匹でいくのかとおもいきや、早速里親を探している団体から子猫を譲り受けることを決め、今日やってきました(^^)

これがまたかなり可愛い。

茶トラ猫はこれまで3匹飼ってきましたが、どれもこれも人懐こくておっとりしています。

ちょっと頭が良くないのかなぁと思うときもありますが、愛嬌があって可愛い。どうやら思っていたのは私だけでなく、親も里親探しをしているボランティア団体の方も思っていました。

逆にキジ猫系は賢くて、キジブチは神経質なのが多かったですね。黒ブチはおっとりマイペースで三毛系はベタベタには甘えてこない傾向かな。うちだけかもですが(^^;

さて、二世帯ということで考えると、普通の核家族だと世話のこともあって動物を飼う事に躊躇することがあるかもしれませんが、親との同居だと世話は分散または親がするうえに家には動物がいる環境になります。

子供に最初から最後まで面倒をみるという覚悟をさせて動物を飼うというよりも、普通に動物がいる家庭という感じが強いのではないでしょうか。
自然と動物と触れ合う機会が増えて良いような気がしています。

当然のことながら、将来にもし子供が自ら犬などを飼いたいといった場合には責任をもって世話をさせるつもりですが、私の親がメインで飼っていて私の子供はそれを可愛がって触れ合っていて、私たちは特に何もせずに済む、、というのはメリットだと思います(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

同居の難しさ

人は無いものねだりであるという事を前提に考えると以下はよく判ります。

多くの人(親)は、子の世話にはならないとか一緒に住まなくてもいいと言います。
そういう人は大抵の場合、自分も親とは住んでおらず自由にしてきた核家族の団塊世代に思えます。

自分達が親と暮らしてきた人は、当然のように子家族と住む事が前提となっているようです。
このような場合には完全二世帯住宅にはなりにくいでしょう。

逆に、先に書いた核家族で暮らしてきた親との同居は完全二世帯になる可能性が高いと言えます。

子世帯の奥さんの多くもまた、同居するにしても完全(あるいはほぼ)二世帯分離を求めていると思いますので、利害が一致します。

このように家を建てたとします。
さて、暮らし始めた途端、「どうすれば良いのだろう?」となってきます。
何がどうすれば良いのかというと、どのくらいの頻度でどのように親世帯を訪問したら、というところです。

夫がいない時にも顔を出すべきなのか、お茶菓子は持っていくのか、いつもご馳走になって良いものか、週末だけで良いのか、等考え出すと難しいです(^^;

屈託ない奥さんであればソツなくこなすところなのでしょうが、姑さんとの相性もあってどこまで親密にすべきなのか干渉しないべきなのか・・ということになります。

実は親も同じように感じています。
友人には、親(母)が子世帯に干渉ばかりして、奥さんとケンカになり家族会議を行ってルールを決めた例もあります。
夫婦だけの時は我慢していたそうなのですが、子供の事にもかなり干渉していたそうで、家出するくらの大事でした。

干渉しすぎるのは考え物ですが、仮に何もしてこない親の場合子としてはあまり顔を出さない方が良いのかもとの気遣いもあり、殆ど顔を見せないとします。
すると、近所の人に「子供(悪者は奥さん・・)が顔を出さない」と愚痴っていた例があります。
実際にですよ(^^;

でも、人は勝手なもので、あまり頻繁に顔を出していると気が休まらないだの色々と不満が出てくるものです。

奥さんと母親を交えて、旦那さんがそれとなく二世帯での暮らしを始める前に意見を言い合える場を作る事をお勧めします。絶対有効ですよ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)