住まい・インテリア

2007年8月24日 (金)

収納は少ない方が良い

あくまでも私の意見です。(いつもですが・・)

家を建てるときに収納を考えると思います。
まさか無い家は無いでしょう。
この収納は床面積の10~15%あると良いと言われますが、やたらと多い方が良いとばかりに大きく作る人がいます。
天井上収納とかも使って、どんだけ荷物があるんだって家族も。

実際、多趣味だったりで荷物が多い家庭もあるので判らなくもないです。
しかし、現時点で持っている荷物を全部収めて、更に余裕があるくらい、って作ろうとしているのであればSTOPをかけたいところです。

歳を取れば取るほどに傾向が強くなるのですが、殆ど使わないものを保管しておく癖を早めに無くすべきだと考えます。
引越しの時が良いチャンスなのです。
なのに収納を沢山作ってしまっては、とりあえず持っていこうとなるに違いありません。

二世帯の場合、親がその傾向が出てきます。
捨てられない、というのです。
無理やり捨てるわけにもいきませんが、ほぼゴミ(失礼)のようなものを沢山持って移動するわけです。
整理している間は懐かしかったりしますが、引越しが終わればまた押入れの肥しですよ(^^;

収納は小さく作りましょう。
入りきらないものは思い切って処分したりヤフオクで売ったりして下さい。
今後何か買う時には、何かを捨てる習慣を付けましょう。
どうしようもなくなれば物置を置いて対処すればよいです。

その分、部屋や庭の面積を広く取って、シンプルでゆとりの感じられる家にしましょう!
古いものを取っておくのは頭の中の記憶だけで十分です。
モノで感慨に耽るのはあまり建設的とは感じませんし。

私は(冷たく感じるかもしれませんが)、思い出が感じられるものでも結構すぐに捨ててしまう方です。
もちろん最初からそうだったわけではなく、ある時からそうした方が良いと思い、少しずつ整理してきた結果です。

確かにたまに見たり見つけたりした時に思うところがあるし懐かしいのですが、時間が止まって立ち止まってしまいます。
たまにだし良いようにも思えますがそれは頭の中に留めておいて、本を読んだり新しいことをしたいと思ったのがきっかけです。
最初に捨てる時には勇気が要りましたが、なくなってしまうと意外とすっきりしますよ(^^)
(メールがHDDクラッシュできれいサッパリ消えてしまうようなものです。消そうかどうしようかと思いつつ、多量に溜まるメールが一気に消えてしまって元に戻らないので、諦めが付くと同時に、次からはこまめに整理しようと思ったりします。それと同じようなものですかね)

ただ、子供の思い出の品となると話は別ですね(^^;
写真とか絶対に無くしたくないので、デジカメからPCに落とすと同時にバックアップを取ります・・。
物も捨てにくいですが、ずっと取っておくと場所がなくなりますので心を鬼にして整理しようとおもいます(^^
思い出は思い返す暇がないくらいにこれからもっと作ればよいのですからね。

話が横道に逸れましたが、ともかく必要以上に収納を作る必要が無い、というのが私の意見です。
ハウスメーカーによっては広めにしておいた方がいいですと、15%程度も収納を入れた設計をしてきます。
良さそうに見えますが、絶対に要らないものが増えますよ!

参考にしてみて下さい(^^)

[ 私のHome Pageもよろしくです ]

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年8月21日 (火)

持ち家?借家?

今日は二世帯住宅とは関係なく、一般的な話です。
若いうちは親元を離れたらまずはアパートなどの借家に暮らすと思います。
そのうちマンションか一軒家を購入しようというのが私も含め、郊外に暮らす人の普通の目標だと思います。

しかし、都会の人に多いようですがかなりの年齢になっても借家のまま暮らす人が増えているようです。
定年後にでもよそに家を買うつもりでそうしているのでしょうかね?

私の考えとしては家は持ったほうが良いと思っています。
できればマンションではなく、土地も含めた一軒家を。
一生借家の賃貸料を払って暮らしていけるのかどうか?
持ち家であればローンを終えれば基本的には金はかかりません。
土地もあればいざとなれば財産代わりとなります。
マンションは老朽してきたときの価値が不明なのが気になります。

私は借家、アパート、マンション、一軒家の全てを経験してきています。
ただし、マンションは雑然としていて近所づきあいしないと居辛くなるようなところでしたので、ライオンズマンションみたいなのとは違うと思います。
借家が楽(に思えるのは)近所や地域に対する密着度を感じずに住むので責任が少ないところですね。
地域の人々もアパートの住人は除外して考えますので、そのあたりの気は楽です。

逆に一軒家は地域との共存がポイントです。
近所の人次第というところもあります。
なるべく近所の集まりには顔を出したりしてスムーズな人間関係を作っておくと将来が楽になると思います。
マンションはいろんな人が集まりますので、住人で役を決めたりして運営していくようなマンションだと結構面倒です。
考え方や暮らし方もさまざまな人がいました。子供の喧嘩に親が出てきた事もありました(^^;
なので、衝突もあったり、我慢しないと上手く付き合っていけなかったりと、入れ替わりは激しかったですね。
もっと高級マンションだと隣人も知らずに過ごせそうなので良いのかもしれませんが、それで良いのでしょうか?
なんだか味気ないですね。

やはり、一軒家を建てましょう!
頑張ってローンを早期返済して 将来の安泰をめざしませんか(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

住宅ローン控除の付替え

このブログを見た人にだけ、情報です!

まあ政府広報をちゃんと見てる人には判っていることですが、住宅ローン控除は所得税からの控除となります。

今年から所得税が減り、代わりに住民税が増えていますので控除額が満額になる可能性がこれまでよりも増える事になってしまいます。

何もしないとそのまま損になります。
二世帯住宅の場合には、持分比率を親子や夫婦で分けることで控除額を分配する事ができますので、所得が妻にもある場合などは分けると満額になる可能性が減って控除額で得をする事になります。
特に親も扶養に入れている場合等では控除額がすぐに満額になってしまいますので、できれば妻と分け合う方が良いです。

これとは別に、今年からは所得税そのものが減っていますので控除額そのものがすぐに満額に達してしまいます。
さてどうするか?
特済措置として満額に達した場合に確定申告で申告することで超えた分を住民税に付替え申請をする事ができます。

ここについては各市町村に確認する事になっていますので、詳細はお住まいの市区町村役場に聞いていただきたいですが、確定事項を書いておきます。

とりあえず、今できることはなく、年明けに動き始めれば良いと言うことです。
源泉徴収をもらい会社などでの年末調整の結果を見て、満額に達している場合にのみ確定申告をすることになりますので、その時に再度市区町村に方法を尋ねる事になります。
なので、気付かない人はそのままですし、仮に気付いても額が小額の場合には確定申告書類を提出する手間との兼ね合いになりますね。

このブログを見かけた人だけでも得をして欲しいので、考えてみて下さい。
住宅、住まい、二世帯などについて何でもよいので書き込んでいただければ、必ず反応しますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

長く永く綺麗に保つために

二世帯住宅に限らず、家を建てて住み始めた瞬間から老朽化は始まっています。

なるべく大切に住んで長く綺麗にしていこう! と決意するのも束の間、数年もすると適当になってしまいがちなのです。
5年10年と経つとボロが出てきて補修の必要も出てきます。
これはある程度仕方のないことです(^^; 
数十万~百万円は準備しておきましょう。

それでも定期的なメンテで保つことができる事もありますので、数例挙げようと思います。

まず、エアコンのフィルタ。
これは業者の人に聞いて頻度は低いですが定期的にやっていますが、2週間に一度は掃除機(先っぽを抜いて筒にした状態)で埃をマメに吸う、ということです。
私は四半期に一度ですが、それでもかなり綺麗に保てます。
仕上げにエアコンクリーナーをスプレーしておきます。

次は床掃除。
これは、普段からの固く搾った雑巾での水拭きが最も効果的なようです。
WAXもツヤや感触が良いですが、無垢材であれば水拭きと乾拭きをできるだけ頻繁にやりましょう。

油汚れは冷めないうちに拭き取ってしまうスピードが重要です。
たまにクリーナーで掃除すればいいや、と思っていてもなかなか取れなくなってしまいます。
力を入れすぎて擦って良いことはあまりありません。

パイプや排水口の汚れもマメに取るべきです。
ぬるぬるになったとしても嫌がらず、手で触りながら掃除する事をお勧めします。
トイレも同様です。手を入れて洗えるほどに磨き上げる気合が大切です。
ブラシと洗剤に頼ると実際には落ちていない汚れが案外と多い事に気付くはずです。
また、手で洗うメリットは、綺麗に使おうという意識が自然と出てくることです。
私が中学生時代に毎日の掃除をトイレも全て手でするように、と教えられたのが良かったと思います。
変な使い方してる奴に掃除当番がいつも怒ってましたから(^^)
当然、トイレ掃除当番を経験した人はどこのトイレも綺麗に使うようになります。

あと、綺麗に保つための最大の秘訣は水をすぐに拭き取る事です。
風呂、トイレ、シンク、洗面所などです。
実は、前の家では改築で風呂と洗面を付けたのですが、拭き取る事をしておらず、気付いたら鏡や陶器が水垢の筋が付いていました。
クレンザーで取ろうとしてもなかなか落ちず、擦りすぎて傷が付きそうな感じです。
結局最後までは取りきれず使っていました(^^;

それを踏まえて、新築後の家では最初から毎日寝る前に全ての水周りを拭き取る事にしました。
面倒なのですが、慣れるとなんてことはなくなります(^^)
その甲斐あって、4年~5年経つ今でも新品同様な輝きのままです。
長時間家を空ける時も同様に拭き取って出かけます。
かなり潔癖のように感じると思います(私もあえて周りには言いませんし)が、間違いなく綺麗に保てる方法です。

水垢は結構すぐに付きます。
これを防ぐにはマメに拭くしかありません。
高級ホテルでもルームメーカーは毎日拭いています。
何か薬品を使うのではなく、乾く前に拭く! これしかありません。

食器などの茶渋などの汚れにはなんといっても、"激落ち君"でしょう。
食器だけでなく、ステンレスや陶器類にも効果的なので、カッターで切る大きいタイプのを買って保管しておくのが良いでしょう。

革製品は四半期に一度は掃除機で大きなゴミを吸い、クリーナーで拭きあげた後、保湿クリームを塗りこみます。
ニベアなどでも良いそうですが、私は一応革製品用というクリームを使っています。
白いソファーもあるのですが、いまだに汚れも付いていません。
(クリームのおかげで汚れが付いてもすぐに落ちます)

残りは普通の掃除機での掃除と隅を丸く掃かない心がけだと思います。

パイプマンや風呂釜ジャバのような化学清掃剤にも頼らざるを得ないところもありますが、基本は雑巾併用の手拭きでしょう!

面倒だと感じると思いますが、騙されたと思ってやってみて下さい。
人を迎えるのが楽しみになりますよ!!

[ 私のHome Pageもよろしくです ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

瑕疵、建築ミスへの対策

建築には大小様々なミスは付き物だと思っています。

特にその場作業となるユニット工法以外の場合には、修正も手軽な反面、ミスも起こりがちです。
大抵は大工さん自ら気付いて直すのでしょうが、たまに現場の監督さんチェックであったり、施主の訪問時に見つかる事もあります。

完全なミスでない場合もありますが、図面では判らなかった不具合を現場調整でやってもらったりもできますので、できるだけ頻繁に建築現場に図面を頭に入れた上で足を運ぶべきです。
私もいくつかの現調修正のお願いとミスの発見をしました。良かったと思います。
そんなの苦手だとか言ってる場合ではありません。
今後住む家なのです。自分がやらずして誰がやりますか?

さて、あまり考えたくない事ですが、重大なミス(瑕疵)が起こることがあります。
この対策としては、上述の通りくまなく見て回る事が未然に防ぐ手立てになりますが、それでもチェックしきれないところが出てきます。
私が提案する最も有効な方法は、全て写真に撮る事です。
屋根裏、床下、壁内、全てです。重要だと思う思わないは考えず、とにかく撮っておく事を勧めておきます。

なぜなら、瑕疵が起こった際の重要な証拠になりうるからです。

建築が終わって、現場監督付き添いの施主チェックが終わり引渡しが完了したとして、何か問題が起きたとします。
当然、ハウスメーカーは直す部分はきちんと直してくれます。
が、お詫びとしてはかなり重大なミス(工事期間が長期で普通に暮らせない)でも慰謝料としての額はしれています。
良くて100万円、通常50万円以下でしょう。
もちろん新築なのにその間は人も呼べませんよね、格好悪くて。近所からもバレそうなのにです。

新築だ!と喜び勇んで住み始めた途端に壁や天井や床を壊さなければならない程のミスが出た悔しさ、想像できますか?
その状況でも50万そこそこの提示しかないのです。
明らかにメーカーのミスなのに、です。

しかし、考えようによっては引渡し後だから50万でも出してもらえるとも考えられます。
引渡し前なら修正で片付けられてしまうでしょうから。

さて、50万円程度だとするメーカーの言い分としては、仮にこれを裁判に持ち込んで施主が勝ったとしてもメーカーに求められる慰謝料がその程度が上限だからです。
おかしな部分を直した前提で、気持ちだけの整理という事になるので、どれだけ悔しくてもそんなもののようです。

じゃあ泣き寝入りでしょうか?
否、実は証拠として写真を残しておくことがここで重用になります。
今はメーカーにとっては不幸な事にインターネットの時代です。
ブログやHPでこの写真を簡単に公開してしまうことができるのです。変な対応をしてそれを公開されて、評判を落とす事が最も怖いようなのです。

建築日記のような形で頻繁に更新し、営業担当にもそのブログを教えておいたりする事も予防策のひとつとなります。
変な事があればすぐに広まってしまう恐怖があるので、チェックをしっかりするようになります。
大工さんとの関係をおかしくしない程度に抑えるのが難しいところかもしれません(^^;

瑕疵が起きた際、その部分を写した中に証拠となるものが写っていれば、世の中に公開されてしまう、と思わせる事が重要です。
そうなると、何も言わずとも慰謝料は上がって来ます。
もしもこれでもラチがあかない場合には、写真と文章をメーカーの顧客対応部署か社長に送りつけると決定権のある人がすっ飛んで来ます。
営業所レベルではどうしても動けない部分がありますので、上から行けば誰にとってもスムーズに終わって、楽な決着を得る事ができるのです。

もちろん、そのような事にならないようにチェックするのが最大の目的ですが、写真というのはそれ程に重要なものであるということです。
デジカメのメモリ容量を増やしておきましょう(^^)

もちろん、何もなければ良い思い出にもなるのです!

  参考図書です。
     ↓

[ 私のHome Pageもよろしくです ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

家具・食器の良品化のススメ

ちょっと二世帯というところからは脱線してしまいますが。。

誰しも節約をしようとすると思います。
同じものなら少しでも安く買いたいでしょうし、ローンや保険や各種ランニングコストを抑えたいことでしょう。
当然ですよね。

しかし、全てが全て節約で良いのでしょうか?
周りでたまにいるのが、何から何まで節約している(ように見える)人ですが、趣味を聞いても答えが無く、小遣いは少なくて飲み会に来る頻度が少ないというようなタイプです。

実際に手取りが少なくて首が回らないなら仕方もないですが、同じくらい給料があるはずの同僚の中にもそのような人がいるから不思議です。
金が無い、とか仕事が忙しい、とか何かとそればかり理由にしている人たちというのは口癖なのでしょうか?

それは置いといて(置いとくんかい!と突っ込まれそうですが(^^; )、心を豊かにする材料としては、家の調度品をケチらない、というのをオススメしたいと思います。

具体的には家具や食器を思うよりもランクの高いものを購入するのです。
服やアクセサリー、時計、バッグ等はたまに高いものを買う事はあるでしょうし、想像できると思いますが、そのようなものはあまり意識していない人も多いような気がします。

家を建てる散財ついでに、そこもケチらず時間をかけて良いものを選んで見て下さい。
といっても、何がなんだか知らないので面倒だと思うかもしれません。
しかし、高質な家具屋や陶器ガラス工芸品を(無理矢理にでも鼓舞して)見に行き、店員に説明を求めると段々と判ってきて、高いものには理由があるという事を知り、良いものを見分ける手段がみえてきます。
具体的に教えてもらえる事もあります。

そうなると見歩くのが楽しくなり、購入を決めるまでに色々考えるでしょう。安い買い物ではないですし(^^;
建築設計段階にモデルハウスとか他の家へ行ったときにもそこの家具などが判るようになります。
購入を決めて、実際に家に運び込まれます。
するとその瞬間も嬉しいのですが、使っていく事で更に豊かな気持ちになります。
大切にも扱いますし、愛着もひとしおなのです。
そんなモノに囲まれて生活するというのは、実際気持ちの余裕へと繋がっていると実感します。

まるで興味の無い人(というより心が荒んでいる人)は、露骨に「そんなに高いソファー買って、リッチでいいよねぇ」と言うような事を言います。
(本当に言います(^^; )
でも、余裕がある人はそんな事は言いませんし、やたらと値段は聞かず、メーカーや作り等を聞いてきます。

良いものを知ることは本当にためになりますよ。
絵画でも食でも何でも良いのですが、一流に触れるとどこか気持ちがピンと張る感じがします。
高いものが何でも良いというつもりはありませんが、少なくとも高いものは贅沢だとしか言わない人にはなりたくは無いですし、そのような人が増えて欲しくありません。
何もスペシャルを持ってない人とは、会話が楽しくないのです。
何もその人が一流の技量を持っているということでなく、そのようなものに触れている人かどうかです。
xxマニアでも良いのですが、突き詰めている人の話は興味深いですね(^^)

もしもこの記事を見て、ちょっとでも購入意欲が出たために将来良い家具や食器を買った人がいましたら、どうだったか感想を聞いてみたいものです。

私たち家族がよく利用する食器のネット販売です。
(本当は店舗で実際のものを見ながら買いたいのですが、親が動けないので利用しているのです)
 ↓
世界中の良いものを最大50%OFFで購入できる
「輸入ブランド洋食器専門店 ル・ノーブル」

[ 私のHome Pageもよろしくです ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

自分の土地だけじゃなく

家を建てる時に、建替え以外の場合には新たに土地を購入する事になると思います。

その時には誰でも慎重に選ぶと思います。
まずは最寄り駅だったり学校だったり通勤のし易さがあるでしょう。
次は、土地自体の形状(道路が南なのか北なのか、東南角地なのか)とか、土地の下層に水位が出ていないかとか地盤の硬さなどが気になります。

さて、その土地自体が自分なりのボーダーを越えたとします。
すると周りが気になってくるのです。
周りの町の雰囲気、近所の人はどんな人か、ゴミ出しの状況など・・(^^)

さあ、そこまで条件に叶ったとします。値段も手に届きそうです。
もう土地購入を決めますか?

ここでちょっと注意してみて欲しいところがあります。
近所(特に隣接や道路挟んだ向かい)に空き地はありませんか?
まず気にする事は、マンションが建ちそうな建蔽率で無いか、場所で無いかということです。
では普通の家しか建てられないような土地だったとして、もう万全でしょうか?
もう一点、そこは普通に売れそうな土地の位置や形状でしょうか、ということです。

普通に売れなさそうな土地は、分譲で売り出されることは少なくて、コストを掛けずに建売を建てて売るメーカーが買うことが多いのです。
そしてそこには安い家が売り出され、そこを買う人もまた家に金を出さない(出せない)人が来ます。
偏見でものを見てはいけないとは思うのですが、経験上安い家を買う家族はモラルが普通ではない場合が多いと思うのです。

もちろん全てではありません、が圧倒的に確率が高いのです。
挨拶ができない、文句や諍いが多い、地域に溶け込もうとしないなどです。

なので見晴らしが良いからと空き地の多い場所にしようとした際には気をつけて下さい(^^;

周りにいわゆる有名ハウスメーカーの家が多い場合には、確率論ですが、普通の人が多いです。
こんなことは思ってはいけないのでしょうが、一生住むかもしれない場所なのです。
簡単に移り住めませんので、慎重にならざるを得ません。

子供もそこで育ちます。周りの環境は重要になってくると思うのです。
しっかり育てさえすれば良いとはいっても、周りに流されて悪い方へいってしまった知り合いもいます。。
できるだけ可能性の低い方が、、と思うのは(良いことだとは本音は思わないのですが)仕方が無いと思います。

参考にして下さい、とまでは言えませんがこのような考え方もあるのだと心に留めておいても良いかもしれません(^^)

[ 私のHome Pageもよろしくです ]

| | コメント (2) | トラックバック (0)