« 長く永く綺麗に保つために | トップページ | 注文、建売り、はたまた中古? »

2007年8月11日 (土)

住宅ローン控除の付替え

このブログを見た人にだけ、情報です!

まあ政府広報をちゃんと見てる人には判っていることですが、住宅ローン控除は所得税からの控除となります。

今年から所得税が減り、代わりに住民税が増えていますので控除額が満額になる可能性がこれまでよりも増える事になってしまいます。

何もしないとそのまま損になります。
二世帯住宅の場合には、持分比率を親子や夫婦で分けることで控除額を分配する事ができますので、所得が妻にもある場合などは分けると満額になる可能性が減って控除額で得をする事になります。
特に親も扶養に入れている場合等では控除額がすぐに満額になってしまいますので、できれば妻と分け合う方が良いです。

これとは別に、今年からは所得税そのものが減っていますので控除額そのものがすぐに満額に達してしまいます。
さてどうするか?
特済措置として満額に達した場合に確定申告で申告することで超えた分を住民税に付替え申請をする事ができます。

ここについては各市町村に確認する事になっていますので、詳細はお住まいの市区町村役場に聞いていただきたいですが、確定事項を書いておきます。

とりあえず、今できることはなく、年明けに動き始めれば良いと言うことです。
源泉徴収をもらい会社などでの年末調整の結果を見て、満額に達している場合にのみ確定申告をすることになりますので、その時に再度市区町村に方法を尋ねる事になります。
なので、気付かない人はそのままですし、仮に気付いても額が小額の場合には確定申告書類を提出する手間との兼ね合いになりますね。

このブログを見かけた人だけでも得をして欲しいので、考えてみて下さい。
住宅、住まい、二世帯などについて何でもよいので書き込んでいただければ、必ず反応しますよ!

|

« 長く永く綺麗に保つために | トップページ | 注文、建売り、はたまた中古? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217232/16076038

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅ローン控除の付替え:

« 長く永く綺麗に保つために | トップページ | 注文、建売り、はたまた中古? »