« 二世帯住宅の建て方(その4) | トップページ | 親は親でも »

2007年7月15日 (日)

同居のプチメリット

今日は我が家にF1000001_3 生後2ヶ月の子猫がやってきました!



以前からいた猫はこいつですF1000002_1



これまで長い間1匹飼いをしたことがなかったのですが、犬が亡くなったことでついに残り1匹になっていました。

私の親も犬の介護で疲れていたため当分このまま猫1匹でいくのかとおもいきや、早速里親を探している団体から子猫を譲り受けることを決め、今日やってきました(^^)

これがまたかなり可愛い。

茶トラ猫はこれまで3匹飼ってきましたが、どれもこれも人懐こくておっとりしています。

ちょっと頭が良くないのかなぁと思うときもありますが、愛嬌があって可愛い。どうやら思っていたのは私だけでなく、親も里親探しをしているボランティア団体の方も思っていました。

逆にキジ猫系は賢くて、キジブチは神経質なのが多かったですね。黒ブチはおっとりマイペースで三毛系はベタベタには甘えてこない傾向かな。うちだけかもですが(^^;

さて、二世帯ということで考えると、普通の核家族だと世話のこともあって動物を飼う事に躊躇することがあるかもしれませんが、親との同居だと世話は分散または親がするうえに家には動物がいる環境になります。

子供に最初から最後まで面倒をみるという覚悟をさせて動物を飼うというよりも、普通に動物がいる家庭という感じが強いのではないでしょうか。
自然と動物と触れ合う機会が増えて良いような気がしています。

当然のことながら、将来にもし子供が自ら犬などを飼いたいといった場合には責任をもって世話をさせるつもりですが、私の親がメインで飼っていて私の子供はそれを可愛がって触れ合っていて、私たちは特に何もせずに済む、、というのはメリットだと思います(^^)

|

« 二世帯住宅の建て方(その4) | トップページ | 親は親でも »

同居という選択」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同居のプチメリット:

« 二世帯住宅の建て方(その4) | トップページ | 親は親でも »