« 治験モニターって知ってました?? | トップページ | 隠蔽配管についての考察 »

2007年7月24日 (火)

表札に悩む事アリ

親と住む場合にも2種類あると思います。

それは、苗字が同じ場合と違う場合。
同じ場合は、夫の親と一緒に住む場合か、婿養子に入って妻の親と住む場合です。
違う場合はその他(マスオさん状態)ですね(^^)

さて、苗字が違う時には問題にならない事が浮上してくるのが同じ苗字の場合です。

それは・・表札の書き方とポストの個数です。
玄関が並んで配置されている場合は共通で一つを使えば良いのですが、並んでいても分けたい場合や玄関が全く違う場所にある場合に問題が起こります。

最近では個人情報の流出が問題になっているように、フルネームや家族構成を知らせるような表札の書き方をしない家が増えています。
なので、苗字が同じならデザインしか変える事ができません。

郵便屋さんや新聞配達の人がどっちに入れれば良いかを迷うようです。
どちらに入れて欲しいかを伝えておけば、その後は指定した方へ入れる事になりますが、担当が変わるとまたやり直しです。
年賀状等はバイトなので間違いが多くあります。

しかし、人によってこちらとかあちらとかは言えないはずです。
新聞は南玄関で、郵便は西玄関、とかになります。

私の家でもこれで話し合い、基本的に親のポストに入れてもらうことを決めました。
朝は私が外を歩いて親のポストまで新聞を取りに行っています。
もしも旅行や寝坊で私が新聞を取っていないときには親が取りやすいように、との配慮なのです。

どうでもいいような内容かもしれませんが、意外と影響があります。
例えばピザを注文したとします。
どちらの方角の玄関かを伝えないと、どっちに来るかわかりません。
呼び鈴が鳴る方に人がいないとすると、大変です。
どちらの呼び鈴も鳴るようになっていれば良いのですが、世帯毎にセパレートにする場合も少なくないようです。

これから建てる人はシミュレートしてみると良いでしょう(^^)

[ 私のHome Pageもよろしくです ]

|

« 治験モニターって知ってました?? | トップページ | 隠蔽配管についての考察 »

同居という選択」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表札に悩む事アリ:

« 治験モニターって知ってました?? | トップページ | 隠蔽配管についての考察 »