« 設備を二つずつにする理由 | トップページ | 二世帯同居の落し穴(その1) »

2007年7月19日 (木)

一緒に食事

同居とはいえ、常々顔を合わせているわけではありません。
私の家は扉一枚を隔ててほぼ完全分離の二世帯住宅ですが、私が残業して帰る事も多いため食事の時間も決まりませんし、何より若干面倒に思ってしまいます(仕事で疲れていますし)。

これを補うというわけでもありませんが、週末(土日)のどちらかの晩は一緒に食事する事にしています。
だいたいいつも親が食事の準備をしてくれていまして、お金くらいは出すよと言っても基本的に受け取ってくれませんので、たまに私達が準備したりどこか連れて行ったりしています。

食事はそのようにしていますが、それ以外では子供が行きたいというので妻が親の所に連れて行ったりしますので、ある程度の会話は済んでしまっています。
毎週のことなので、食事中に話す話題もなくなる場合もありますが、その時に飼い猫や子供が何かしてくれるので助かってます。

親とはいえ、話題に困る事もありますよねぇ。
遠くで別居してれば、話題も蓄積して訪問するのでこのような事はないのでしょうね(^^;

[ 私のHome Pageもよろしくです ] ←ちょいと作ってみました

|

« 設備を二つずつにする理由 | トップページ | 二世帯同居の落し穴(その1) »

同居という選択」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一緒に食事:

« 設備を二つずつにする理由 | トップページ | 二世帯同居の落し穴(その1) »